本文へスキップ

TEL.03-3732-9615

〒144-0054 東京都大田区新蒲田3−3−18

 学校紹介

学校の教育目標

・ 心ゆたかな子
・ すすんで学ぶ子
・ たくましい子


平成29年度道塚小学校の学校経営方針です。
PDF→学校経営方針

平成28年度自己評価報告
PDF→自己評価報告


平成28年度 授業改善推進プラン
「授業改善推進プラン」の取り組みについて
全体計画について
国語科 授業改善推進プラン
社会科 授業改善推進プラン
算数科 授業改善推進プラン
理科  授業改善推進プラン
生活科 授業改善推進プラン
音楽科 授業改善推進プラン
図画工作科 授業改善推進プラン
家庭科 授業改善推進プラン
体育科 授業改善推進プラン


学校の特色紹介 教育委員会ホームページ掲載資料

道塚小学校 いじめ防止基本方針
リンク→ いじめ防止基本方針



「道塚音頭みちづかおんど」

1 ここは多摩川 水の郷
  ここは道塚 よいところ
  今日も この町 朝日が照らす
  あなたと私の 笑顔と笑顔
  さあさ みんなで歌おうじゃないか
  老いも若きも手拍子そろえて 道塚音頭

2 町は みんなの宝物
  ここは道塚 よいところ
  夢と希望の町 みんなで語ろう
  あなたと私と 手に手をとって
  さあさ みんなで築こうじゃないか
  老いも若きも手拍子そろえて 道塚音頭

3 富士の高嶺を 見はるかす
  ここは道塚 よいところ
  ごらん あの空 澄みわたる空
  あなたと私と 足並みそろえ
  さあさ みんなで踊ろじゃないか
  老いも若きも手拍子そろえて 道塚音頭


※道塚小学校の開校50周年を祝して、子供たちと町の人たちとが一緒に踊れる様に作った音頭です。
 作詞作曲は、当時の本校の音楽専科 越智健一朗教諭です。


学校概要・学校の特色

 校長:長谷川 紀子
副校長:山ア 明

児童数:591名  19学級 (平成27年4月現在)



「外国語活動」

        『国際社会に生きる心豊かな子どもの育成』
  〜英語によるコミュニケーション・国際理解かつどうを通して〜
        ふれあおう・楽しもう・伝えあおう


○本校は平成19年度から重点研究テーマとして、「英語活動(当時の呼び方)」を研究してきました。当時は手探 り状態の中で、研究推進委員会を中心に研究授業を重ね、研究を深めてまいりました。

○平成20年度は、文部科学省から拠点校として指定を受け、外国人講師や地域人材との連携を深め、教材作成など に工夫を凝らした取り組みができました。

○平成21・22年度、大田区教育員会教育研究推進校として、「国際社会に生きる心豊かな子どもの育成」を研究 主題として、実践的な研究に取り組みました。

○平成22年11月19日に大田区教育委員会教育研究会「外国語活動」の研究発表をしました。400名を超える 都内及び区内の先生方が参加されました。外国語活動について成果と課題を発表し、本校の今後の研究に大いなる 示唆を頂くと同時に、大田区内の外国語活動の推進の役割を担うことが出来ました。



道塚小の外国語活動(5・6年生)、ワールドタイム(1〜4年生)の8つのポイント

Good Point No.1    児童が意欲をもって取り組む “場面の設定の工夫”
 単元ごとに活動内容を工夫し、児童の実態を考慮に入れ、教材の内容を考えます。児童が「やってみたい」と思うような活動を計画します。


Good Point No.2    英語の音声やリズムに親しむ、歌やチャンツ「英会話体操」
 道塚小では、コミュニケーションに役立つ英語のフレーズにたくさん触れられるように「英会話体操」やCDを使ってリズムに合わせて楽しく英語に触れます。


Good Point No.3    児童が安心して取り組むれるスモールステップで
 英語に不安をもたせないように教師と児童とのやり取り、そして児童同士のやり取りを重ねることにより自然に英語にたくさん触れさせます。


Good Point No.4    より良いコミュニケーションをめざして 〜自分の思いを伝えよう〜
 具体的により良いコミュニケーションをする時のポイントが4つあります。@Smile、AEye Contact、
BGood Voice、CGesture、< D高学年ではFrom the Heartもポイントとします >



Good Point No.5    ボランティアティーチャーと共につくる外国語活動
                〜コミュニケーションの授業は二人で〜

 外国語指導員または地域の外国語活動協力者と一緒に授業を展開していきます。活動の内容や手順、そして役割分担など打ち合わせをすることを重ねています。授業に先生が2人いることにより、児童は安心し、楽しく英語を使います。


Good Point No.6    「振り返りカード」は宝物 
@ 自己評価により自分を見つめる
A 活動の記録となる
B 児童の「思い」を担任が知る

 授業の最後の辺りで今日の授業についての感想や頑張ったことを書きます。その後、担任がコメントを書いて、認め励ますことにより児童の意欲を高めることにつながります。



Good Point No.7    外国語活動への意欲につながる、専科の取り組み 〜世界に目を向けよう〜
 音楽科では「世界の音楽」に触れる活動、図工科では「世界のアート」から発想を広げる活動、家庭科では「世界の料理」を調べる活動など世界に目を向けています。


Good Point No.8    「国際交流の会」は、世界の人々と貴重なチャンス!
平成17年度
アメリカコロラド州から交換留学生の高校生8人と先生が来校し、交流する。

平成18年度
JICA訪問団(サモアやフィジーなど10か国)の青年18名と交流する。

平成19年度
@6月アメリカコロラド州から交換留学生の高校生8人と教員が来校し、交流する。
A10月アメリカフルブライト教員(米国全州から)19名来校し、日本の学校について研修し児童と交流する。

平成20年度
ヒッポファミリーのメンバーが来校し、児童と交流する。

平成21年度
内閣府青年国際交流事業「世界青年の船」より、外国参加青年19名、日本参加青年18名の方が来校し、児童と交流する。

平成22年度
アメリカコロラド州から交換留学生の高校生8人と教員(夫婦)が来校し、交流する。

平成23年度
 7月

「青少年国際交流センター」に依頼し、
イギリスドミニカ共和国ブラジルウズベキスタンモンゴルスリランカアメリカの7国から12人のゲストと交流する。体育館で全児童と「国際交流の会」をもち、英語で交流したり、ジャンケンゲームをしたり楽しむ。更に「津軽三味線」のプロの演奏者により日本の伝統文化にも触れる。
 
9月
「韓国との国際交流の会」大田区国際交流週間の一環で、韓国から新しい絵本100冊を贈呈されました。日本にいらっしゃる韓国の人が日本語に翻訳してくださり、同じアジアの国として文化の共通点を見い出すことができました。また、「仲良し兄弟」という絵本の物語を劇にして見せてくださいました。
10月
内閣府からの依頼で「第38回東南アジア青年の船」に参加された青年達との交流会。
ブルネイダルサラム国インドネシア共和国ミャンマー連邦共和国フィリピン共和国など10ヶ国から39名の青年達と日本の青年5名と交流する。

平成24年度
 6月

アメリカコロラドアメリカコロラド州から交換留学生の高校生8人と先生が来校し、交流する。日本の伝統文化である「津軽三味線」のプロの演奏に触れる。
 9月
第2回「韓国との国際交流会」を予定。日本と韓国との文化交流をする。



「国際交流の会」
 「国際交流の会」は、体育館で全児童と外国の方々が交流します。体育館での6年生による「歓迎の演奏」や、全校児童の歌などで交流します。6年生が司会を務め、挨拶や校歌の説明などを英語で行います。給食を食べる時が1番楽しみで、「英会話体操」で慣れ親しんだフレーズを使って質問をしたり、相手の言っていることを理解しようとしたりしています。普段の活動の中で身に付けたことが生かされ、英語でコミュニケーションができた喜びを味わいます。
 この会の後は、「もっと英語を話せるようになりたいな。」と児童の意欲が高まります。言葉や文化に違いがあっても、心と心で通じ合える貴重な体験となります。外国語活動を行う上で、外国の人々と交流することはとても須原良いチャンスです。



「学校支援地域本部」
EMP「笑顔いっぱい道塚小プロジェクトチーム」

 本校では大田区教育委員会の授業の推進校として、地域の力を学校教育に率先して学校教育に問り入れています。平成21年の11月1日に大田区の第1号として、「学校支援地域本部」が立ち上がりました。
 大田区の社会教育課と何度も打ち合わせを重ね、組織をつくりました。地域の支援として<学習支援>、<環境支援>、<体験支援>があります。
<学習支援>としては、外国語活動の推進、そして児童に絵本やお話を通して共に楽しみ、共に感じ、考えることを目的とし、読書推進する
「道塚お話し会」があります。また、土曜日に楽しく習う「楽習会」として国語・算数の学習会があります。もちろん、先生は地域のプロの先生です。
<環境支援>としては、図書室の環境整備を目的とする「図書ボランティア」・花壇の管理や畑作業を通して学校環境・整備を推進する「道塚栽培クラブ」・うさぎやカメの世話をする「ラビットクラブ」があります。
<体験支援>としては、日本の踊りを体験する
「大田区日本舞踊連盟」・体験活動やスポーツ活動を推進する「道塚大地の会」があります。更にパソコンを使い、カード作りなどパソコンをより身近なものとする「大田区BBS会」や囲碁入門指導の「ポンぬきゲーム」や子ども達と触れ合う「ほっとホットまま」があります。

 夏季休業中には、様々な体験活動やスポーツ活動など楽しい「ワクワクするスクール」があります。
これらの活動に、大田区学校地域支援本部補助金やPTAやみちづか事務局の補助金のもと、有意義な活動が展開されています。なお、以上の活動計画の実施にあたり、保護者や地域のコーディネーター4人とサポートコーディネーター2名が中心となり、指導者や講師の連絡・調整にあたっています。




このページの先頭へ

information

大田区立道塚小学校

〒144-0054
東京都大田区新蒲田3-3-18
TEL.03-3732-9615
FAX.03-3732-9616